エイジレスな美しさを育む女性におすすめのLa Vie製品の使い方

エイジレスな美しさを育む女性におすすめのLa Vie製品の使い方エイジレス
この記事の著者
遠藤 幸子

1976年生まれ。美容ライター・エイジング美容研究家として活動中。二児の母でもある。

遠藤 幸子をフォローする

いつまでも美しく輝くために

エイジレスな美しさを育むためには自分の肌に合ったスキンケアを行うことが大切です。

ここでは、肌タイプを乾燥肌、ノーマル肌、混合肌、脂性肌の4つに分類し、それぞれにおすすめのLa Vie製品とその使い方をご紹介します。

いつまでも美しく輝くために

乾燥肌

乾燥肌は肌が刺激を受けやすい状態になっているため、終始摩擦などの刺激を避け、保湿に重点をおいたケアを行うことが大切です。

朝はLa Vie 洗顔料、夜はLa Vie メイク落としで丁寧にメイクや汚れを落とします。
粉がふくほどひどく乾燥している場合には朝の洗顔をぬるま湯に切り替えてもOKです。

La Vie 化粧水はコットンにたっぷりと染み込ませてそれを割き、顔全体にのせてローションパックするのがおすすめです。
ただし、コットンが乾かないよう途中でLa Vie 化粧水を足しながら3分を目安に行いましょう。

その後、La Vie 美容液、La Vie クリームの順で重ねます。
La Vie クリームは乾燥が特に気になる部分に重ね付けするのがおすすめです。

目元にはLa Vie アイクリームを重ねましょう。

ノーマル肌

水分と油分のバランスがいいノーマル肌は、スタンダードな使い方がおすすめです。

朝はLa Vie 洗顔料、夜はLa Vie メイク落としで丁寧にメイクや汚れを落とします。
その後手のひらに適量とったLa Vie 化粧水をやさしく肌に押し込むようになじませます。

この時手にひらを肌に押し当てて吸い付くような感覚を得られるまで何度も重ね塗りすることが重要です。

その後La Vie 美容液、La Vie クリームを重ねましょう。
目元にはLa Vie アイクリームを重ねるのがおすすめです。

混合肌

Tゾーンは脂っぽく、頬や目元、口元などは乾燥するのが混合肌の特徴です。
そのため商品を肌状態に応じて使い分けるのがおすすめです。

朝はLa Vie 洗顔料、夜はLa Vie メイク落としで丁寧にメイクや汚れを落とします。

それからベタつきが気になるTゾーンはコットンにたっぷりと化粧水を含ませたもので拭き取り、
La Vie 美容液の使用をスキップしてLa Vie クリームを薄く塗るのもひとつです。

逆に乾燥しやすい頬などはLa Vie 化粧水を何度も手で優しく押し込み、La Vie 美容液、La Vie クリームというステップでケアしましょう。

La Vie アイクリームを重ねるのがおすすめです。

脂性肌

脂性肌が皮脂が過剰に分泌されている状態なので、油分の与え方に注意が必要です。

朝はLa Vie 洗顔料、夜はLa Vie メイク落としで丁寧にメイクや汚れを落とします。

その後コットンにたっぷりとLa Vie 化粧水を含ませたもので優しく肌を拭うようにして顔全体を拭き取ります。

その後La Vie 美容液を肌の状態に応じて取り入れかを決め、最後にLa Vie クリームを重ねましょう。
油分が気になる場合には使用量を若干少なめにしたり、塗布後にティッシュオフするのもひとつです。

脂性肌

肌タイプに合ったスキンケアを習慣に

肌タイプ別におすすめのLa Vie製品とその使い方についてご紹介しました。ぜひ参考にしていただき、美肌を育んでください。

接近戦でも強い肌に!肌デトックス始動。
再生医療を目指す自社開発技術”ARSID”を採用し素早く浸透

業界初、肌を剥かない新感覚ピーリング。
自社研究開発による独自成分アルコア(100種以上の美容成分)と
植物生体水を採用することにより表面張力を抑え、肌に素早く、深く浸透。
エイジレス
AR cosmetic TOKYO Magazine
タイトルとURLをコピーしました